複合化および自動化による工程集約の実現により、工程ごとに必要だった機械台数を減らすことができるため、機械使用時のエネルギー消費を大幅に削減できます。



製造リードタイムの短縮とCO₂排出量の削減

金属積層造形(AM)技術を採用したハイブリッド複合加工機を導入することで、複数の機械や工程で行われていた加工を1台のマシンで完結します。 また、焼き入れ工程の置き換えとなるレーザクラッドの採用と研削も含めた工程集約で生産コスト、リードタイム、CO₂排出量を大幅に削減しました。

 

工程集約によって中間品の輸送を減らし、CO₂排出量を削減

ギア加工用ハイブリッド複合加工機を用いた工程集約により、旋削・ミル加工・ギア加工までを1台で完結できるため、 従来、必要だった中間品の輸送が不要になり、CO₂排出量を大幅に削減しました。

 

省エネ技術の搭載による削減を見る
AI、デジタル技術の活用による削減を見る