INTEGREX i-200H ST

製品: Integrex

写真)オプションを含む
 

フルオートメーションに対応し、製造プロセスを一新する次世代複合加工機


  • 機械本体正面のフラットデザイン化により、多関節ロボットや素材ストッカなど周辺機器との接近性・連携性が大幅に向上
  • 大きな加工エリアの確保と旋削主軸の高馬力化、機械構造の高剛性化を実現
  • AI、デジタルツイン、自動化に対応する新型CNC装置MAZATROL SmoothAiを搭載

下刃物台

下刃物台の装着でミル主軸を使ったバランス加工や、左右の旋削主軸を使った2個同時加工ができるため、加工時間の短縮が図れます。

旋削仕様 下刃物台

12角ドラムタレット採用。多彩な旋削が可能。

刃物台の形式 : 12 角刃物台
工具取付本数 : 12 本
工具サイズ : 外径バイト □ 20 mm
: ボーリングバー Φ 32 mm              

回転工具仕様 下刃物台 ※オプション

新型ミル工具の採用により、さらなる生産性の向上を実現。

工具取付本数 : 12 本(回転工具本数 最大6本)
回転工具主軸最大回転速度 : 10000 min-1
回転工具出力(10%ED) : AC 5.5 kW (7.5HP)
最大トルク(10%ED) : 30 N・m (3.0kgf・m)
工具サイズ : ドリル Φ16 mm
: タップ M16

 

自動化

バーフィーダ取り付け対応

棒材を供給するバーフィーダの取り付けが可能。
バーフィーダスケジュール機能(オプション)により変種変量生産や、セット生産に対応します。

画像はINTEGREX i-450H ST

 

TA (TURN ASSIST)

煩雑なロボットティーチング作業を不要とした旋削加工用の自動化システムです。
産業用ロボットとストッカ、専用ソフトウェアで構成され、素材の搬入から完成品の搬出までを自動化。

画像はINTEGREX i-450H ST

詳細はこちら

 

Mazak AUTO FLEX CELL

多関節ロボットによる多品種少量生産を容易に導入できます。

画像はINTEGREX i-450H ST

 

次世代マザトロールCNC装置

 

詳細はこちら

 

製品仕様

仕様 Bed Length - 850U mm
能力・容量 最大の振り 600 mm
最大加工径 600 mm
棒材作業能力 65 mm
最大加工長さ 850 mm
第1主軸 チャックサイズ 8 in
主軸最大回転速度 5000 min-1
主軸用電動機 (40% ED) 22 kW / 30 HP
第2主軸 チャックサイズ 8 in
主軸最大回転速度 5000 min-1
主軸用電動機 (40% ED) 19 kW / 25 HP
ミーリング主軸 B軸割り出し範囲 240°
工具収納本数 38
主軸最大回転速度 12000 min-1
主軸用電動機 (40% ED) 12 kW / 16 HP
下刃物台 刃物工具本数 12
移動量 X軸移動量 535 mm
X2軸移動量 210 mm
Y軸移動量 210 mm
Z軸移動量 900 mm
Z2軸移動量 900 mm
W軸移動量 900 mm