世界最大の実績を誇る、マザックのレーザFMSがさらに進化

ヤマザキマザックはいち早く自動化やFMS化に取り組んできました。
多くの納入実績を誇るFMSは、国内外の当社生産工場でも生産設備の中核として導入しております。
長年蓄積した自動化へのノウハウを生かし、お客様への最適な自動化設備をご提案いたします。

EXTENSIBLE MANUFACTURING CELL

世界最大の実績を誇る、マザックのレーザFMSがさらに進化。

レーザ単体機で導入したお客様でも、生産状況にあわせ最適な自動化システムに拡張できます。
素材棚の拡張やマネージメントコントローラの増設、本機の増設など最適な形態への進化が可能です。

OPTIPLEX 3015Ⅱ +
EXTENSIBLE MANUFACTURING CELL

QUICK CELL 3015

省スペース シートチェンジタイプ レーザFMS

シートチェンジタイプのレーザ自動化システムです。
ストッカを素材棚と製品棚として使用できスペースを削減できます。

OPTIPLEX 3015 FIBER Ⅱ +
QUICK CELL 3015 6段ストッカ

クラス最速の搬入・搬出タイム

ローダ / アンローダを別駆動させることで、材料の搬入時間や切断後部材の搬出時間を大幅に削減

加工内容に合わせてアレンジ可能

  • QUICK CELLは、お客様の生産性にあわせレーザ加工機 単体で 納入された後でも 取り付けが可能
  • 標準のQUICK CELLを納入頂いた後でも6段、10段、14段のストッカの追加が可能
  • 6段、10段、14段のストッカは、材料パレットと製品パレットの収納棚数をお客様の使用状況に合わせて選択可能

フロアスペースに配慮した省スペース設計

素材や製品の搬入・搬出を同じ場所で行なうことで、限られた工場スペースを有効活用

QUICK CELL 3015

標準仕様 の例

93 m2
QUICK CELL 3015
6段ストッカ
(オプション) 仕様 の例

108 m2


納入レーザ加工機の仕様によっては取付けできない場合がありますのでお問い合わせください。
安全柵の開閉スペースやメンテナンスエリアは含みません。
* OPTIPLEX 3015 FIBER Ⅱ のスぺースを含みます

COMPACT MANUFACTURING CELL

素材・切断部材をパレット分ストックできます。
パレット毎での交換を行いますので、マイクロジョイントを削減し後工程の負担を軽減します。

OPTIPLEX 3015 II +
COMPACT MANUFACTURING CELL

SMART MANUFACTURING CELL 3015/140

製品仕分け機能付きレーザ自動化システム

レーザ加工後の製品仕分け作業をロボットにより自動化。
素材供給から製品仕分け、端材搬出まで一貫して行います。

SMART MANUFACTURING CELL 3015/140
注)画像はOPTIPLEX 3015 DDLのシステム構成イメージです。
実際には安全フェンスが取り付けられます。

ロボットによる仕分け作業

  • 手間な仕分け作業を自動化することで作業者の負担を軽減し、次工程への搬送を容易にします。
  • ロボットが正確に仕分けを行うため、間違ったワークを次工程に送ることはありません。

MAZAK SMART SYSTEMによる仕分け用ロボットのプログラム作成

仕分け用ロボットのプログラムは、当社のCAD/CAM MAZAK SMART SYSTEMのネスティング位置情報を利用して簡単に作成が可能です。
また、素材供給、端材搬出、クリーニング動作プログラムはパターン化されており、専用コントローラで容易に操作することができます。

 

取り付け可能なレーザ機種

OPTIPLEX 3015 DDL, OPTIPLEX 3015 FIBER III, OPTIPLEX 3015 II,
OPTIPLEX NEXUS 3015 FIBER, OPTIPLEX NEXUS 3015,
OPTIPLEX CHAMPION 3015 FIBER

 

  

動画でのご紹介


素材の供給から製品仕分け、端材搬出までの一連の流れをご覧いただけます。ぜひご覧ください。

再生