ハイブリッド複合加工機


 

  • 複合加工機と歯車専用機を融合
  • ギアの高精度加工及び、計測・補正機能も搭載
  • 切削加工のみならず、ギア製造工程全体のリードタイム短縮を実現

INTEGREX AG シリーズ

 

 

ギア加工

INTEGREX にギア加工機能と計測機能を融合させた ハイブリッド複合加工機

 

幅広い種類のギアを高精度に加工

INTEGREX AG ソフトウェア

高精度なギア加工をサポートする、対話式による簡単加工・計測プログラミング

 

操作手順

図面に記されている諸元や、送り速度などの条件をグラフィカルなガイダンスを 見ながら設定するだけで、プログラミングが簡単かつ短時間で作成できます。

 

加工ワーク、専用工具、ミル主軸を保護する安全機能

  • 退避ボタン
加工ワークと専用カッタの同期回転を維持しながらカッタを退避させるボタンを MAZATROL SmoothX 操作盤に装備。加工中いつでも、専用カッタが安全に退避するので専用カッタと加工ワーク、 ミル主軸を保護します。 また加工中に異常があった場合でも、同様にカッタを退避させます。

  • ホブシフト
ホブカッタの使う場所をずらしながら加工することで, ホブカッタの長寿命化を実現します。

計測機能

位相検出

特許出願中

新規のカッタを使う際や工具を再研磨した際に、タッチプローブで歯溝の位相を検出、補正量を測ります。 また同定した位相角をもとに、ボールエンドミルによるバリ取りや穴あけまでの自動化が可能になります。

注:再加工に必要な補正量の入力は、自動ではありません。


歯面計測 (オプション)

加工後にスキャニングプローブを装着することで、すぐに歯形と歯すじの計測が可能。 大きくて重いワークを3次元測定器に運んで検査し、再びINTEGREX で追加工する際の段取りを削減できます。 また、ほかの加工部位に複雑な形状を含むなどの理由で、専用の測定機が対応できないワークも INTEGREX AGであれば計測可能です。 計測結果は、MAZATROL SmoothX内にある専用のビューアでCNC画面上に出力でき、その画面上で歯面の様子を見ることができます。

複合加工機のギア加工によるメリット

高精度加工

高精度なギアを加工するためには、ワークの中心とピッチ円の中心が同一であることはかかせません。 従来のギア加工方法では、最初に旋盤でワークを加工し、その後歯切り専用機(歯切り盤)にワークを移動させます。その際にワークの中心とピッチ円の中心が完全には一致しません。INTEGREX AGシリーズは、旋削加工やギア加工、計測までをワンチャッキングで行うため、ワークを他の機械に移動させる必要はありません。そのため、ワークの中心とピッチ円の中心が一致した高精度なギア加工が実現します。


工程集約

ギア加工の工程集約を実現します