FSW(摩擦攪拌接合)技術

切削型複合加工機に摩擦攪拌接合技術(Friction Stir Welding)を融合したハイブリッド加工機 ― FSWシリーズ。素材から完成品までの全加工を1台の工作機械で完結。

FSW(摩擦攪拌接合)とは、摩擦熱で軟化させた材料を攪拌して接合する技術です。 溶接とは異なり、加工物(材料)以外の素材を用いず、材料も溶融しません。溶接より高強度で歪みの少ない接合方法です。アルミ同士の接合はもちろん、異なる材質の接合も可能です。ガスや煙、スパッタなどを放出しないため、安全で快適な作業環境を生み出せる利点もあります。

EV化関連部品として、インバータケース、バッテリーケースやモータケース、半導体製造装置の冷却部の接合の製造に応用することで、生産性を大きく向上させることができます。


自動車産業への提案例




半導体産業への提案例

   

切削から摩擦攪拌接合までの工程


ワークサンプル例




対応機種例


摩擦攪拌接合の利点

  • 変形や歪みの少ない接合部
    材料以外の素材を用いず、材料も溶融しないことから変形や歪みが少なく、かつ強度が高い接合ができます。
  • 異なる材質の接合が可能
    FSWでは、同じ材質はもちろん、アルミニウムと鉄などの異なる材質の接合もできます。
  • 安全で快適な作業環境
    ガス、煙、スパッタ、プラズマやX線などの放出がなく安全な環境でご使用いただけます。



FSW活用のヒントはこちら

製品カタログはこちら

専門スタッフへの質問はこちら