世界的な好景気に沸く半導体業界、車載用制御機器とIoTブームがさらに後押し

今現在、スマホ・データサーバ・自動車・IoT・人工知能(Deep Learning)等が需要を牽引して、世界的な半導体ブームが続いており、その恩恵を受けて半導体製造装置やFPD(Flat Panel Display)製造装置業界は活況を浴びています。特に大容量の動画データなどの記憶媒体として、NAND型フラッシュメモリ(ハードディスクに代わる大容量記憶媒体)の需要が急増しており、次世代メモリーとして期待されている3D NAND型フラッシュメモリーへの早期量産化の設備投資が、これから更に進むものと期待されています。
またFPDに関しても、液晶パネルに代わる有機加工物自身が発光する新しいFPDとしての有機EL(Organic Electro-Luminescence)の登場と需要の拡大で、新規設備投資による有機ELの量産化が急速に進むことが確実視されています。

マザックにおいては、工作機械の複合化や加工部品の工程集約に長年にわたり取り組んでおり、半導体製造装置によく使われるアルミの削り出し部品や、クリーンな環境に適したステンレス系の丸物加工部品の工程集約に最適な5軸加工機・複合加工機を、他社よりも先駆けて開発し販売してきました。特に半導体業界においては、景気の浮き沈みが大変厳しい業界という事も有り、工程集約化だけにとどまらず、省力化・自動化・無人化が図れる汎用的な設備機のご要望にお応えしています。