お客様の工場をスマートファクトリーに

昨今高まる自動化・省人化ニーズや、人とロボットの協働、非熟練工の活用という課題に対応する次世代モノづくりを当社自ら実践し進化させた、「Mazak iSMART FactoryTM」。
IoT技術を活用して工場内全ての生産活動をデジタルデータ化し、生産の最適化や生産性向上につなげたいというお客様のご要望にも、マザックの最新加工機やソフトウェアによりお客様の工場やオフィスのスマートファクトリー化を支援します。

 
 

 

  

ヤマザキマザック大口製作所 板金工場のご紹介


大口製作所 板金工場は、2次元コードシステム導入によってモノと情報を同期させた、IoTシンクロ工場です。
情報分析、情報の見える化を促進し、生産性向上に貢献します。

動画を再生

 

MAZAK SMARTBOX

スマートファクトリーを実現する フォグコンピューティング装置

工場内のIoT化を図る上で重要な機械間のデータ取得の共通化やサイバーセキュリティの問題を解決するために、製造業向けオープン通信規格「MTConnect®(MTコネクト)」を採用したネットワーク接続装置として開発。
ビッグデータの収集と分析により工場経営の効率化や設備機器の生産性向上を推進します。

大容量化する製造プロセスデータを中間・分散処理することで、IoT × ビッグデータに対応。
   - メーカやモデルの新旧を問わない通信が可能。
   - 確実・安全なネットワーク接続が可能。

 

スマートファクトリーを実現すべく、マザックスマートボックスは情報のリアルタイム共有と一元管理、分析による工場経営の効率化を実現します。


お客様の工場のスマートファクトリー化をサポートするSmooth Process Support ソフトウェアや工場ネットワークの構築など、最寄りの弊社テクニカルセンタにお気軽にお問い合わせ下さい。

MAZAK SENSOR BOX

付属するセンサ情報のデータを収集

付属のセンサを用いて設備機の状態を感知し、収集したデータをSMARTBOXに転送します。収集データはMTコネクト形式に変換して転送するため、MTコネクトに対応していない設備機器のデータ収集に活用頂けます。

 

MAZAK SENSOR BOXは、「SC」タイプと「S」タイプ、「E」タイプがあります。
それぞれのタイプから、下記の情報が得られます。

  • 「SC」タイプ ・・・ 設備機のステータスを知らせるシグナルタワーやクーラント量・温度などのセンサ情報を収集
  • 「S」タイプ ・・・ 設備機のステータスを知らせるシグナルタワーなどのセンサ情報を収集
  • 「E」タイプ ・・・ 消費電力情報を収集