AI、デジタル技術を活用して、AI による加工精度の調整・管理や段取りのデジタル化を実現。効率的なエネルギー利用を促進することで消費電力の削減に貢献します。



省エネにつながるAiサーマルシールドの搭載

Aiサーマルシールドは、加工環境の変化に対応したきめ細かな機械制御により、安定した連続加工精度を実現します。 また、部品の加工後に計測したデータを蓄積し、学習することで機械ごとの補正も可能にしました。 安定した加工精度の実現によって、加工不良によるムダな加工時間をなくしたり、工場の温度変化にも対応したりしますので、 冷暖房費を抑えられ、消費電力の削減につながります。

 

デジタルツイン技術を活用したデジタル段取りで消費電力を削減

デジタルツイン技術を活用したデジタル段取りは、加工に関するさまざまな段取り作業の効率化を実現します。 オフィスのパソコン上に、工場にある工作機械と同じ、仮想の工作機械を構築して段取り作業が行えるため、 実機でのテスト加工や機械操作時間を最小にでき、稼働率の向上と消費電力の大幅削減に寄与します。

 

省エネ技術による削減を見る
工程集約による削減を見る